熊本市

2022.01.21

熊本市のコワーキングスペース「LOBBY BAR ANDO」の特徴・設備環境・料金・魅力を紹介!

働く場所が問われなくなった現代社会では、パソコンさえ持っていれば自宅をはじめとするさまざまな場所で自由に働くことができます。

新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークが一般的な働き方になり、今までは東京都心を離れることができなかった方も気軽に地方へ移住できるようになりました。

そんな現代社会に注目されているのが、働く場所を確保できるコワーキングスペースです。

この記事では、熊本駅から徒歩2分の場所にあるコワーキングスペース「LOBBY BAR ANDO」の施設概要、特徴、設備、魅力を紹介していきます。

「LOBBY BAR ANDO」の施設概要

LOBBY BAR ANDO

熊本駅から徒歩2分の場所に「LOBBY BAR ANDO(ロビーバーアンド)」は、ニューホテル熊本のロビーを使用した新しいコワーキングスペースです。

皆さんが思い描くコワーキングスペースのイメージといえば、Wi-Fiが完備されていて仕事がしやすいようなデスクがあり、みんながパソコンを開き仕事に集中している…そんなイメージではありませんか?しかし、LOBBY BAR ANDOは従来のコワーキングスペースとは異なります

ニューホテル熊本のロビーラウンジをリニューアルして作られているため、パソコンを開きゆっくりと仕事ができるテーブルはありますが、他にもDJブースやバーラウンジなど、普通のコワーキングスペースでは見られない設備があります。

宿泊している方だけではなく誰でも無料で利用でき、昼間は珈琲を飲みながら、夜はおしゃれなカクテルを飲みながらでも仕事ができます。また、和洋折衷さまざまな料理を注文できるため、仕事途中でお腹が空いても豪華な料理を堪能できます。

施設名LOBBY BAR ANDO
運営会社 ザ・ニューホテル熊本
住所熊本県熊本市西区春日1-13-1
アクセス 熊本駅から徒歩2分
電話番号096-326-5100
営業時間24時間
休館日年中無休
料金プラン無料 
公式ホームページhttps://www.thenewkumamoto.jp/restaurant/robbylounge/

「LOBBY BAR ANDO」のコンセプトと設立された経緯

「LOBBY BAR ANDO」

今回われわれは、一風かわったコワーキングスペースである「LOBBY BAR ANDO」を取材させていただくことになりました。まずは、コンセプトと設立された経緯からご覧ください。

2020年4月にリニューアルされて誕生

---「LOBBY BAR ANDO」はいつ頃どのような経緯でつくられた施設ですか?

ホテル自体は1992年オープンしており、2020年4月にロビー全体をリニューアルして今の形になりましたホテルの運営が変わり、元々ニューオータニだったのが外れて単独でホテルを運営するところで、カテゴリー的にはシティホテルとなります。熊本県では初のライフスタイルホテルにしようというブランドコンセプトを掲げ、今の形のロビーラウンジにリニューアルしています。

コンセプトは海外のブティックホテル

---施設のコンセプトや特徴的なサービスを教えていただけますか?

デザインコンセプトや雰囲気は「ニューヨーク」や「海外のブディックホテル」みたいな感じのイメージです。インテリアや照明の照度などもそのイメージで統一しています。

ホテルのロビーなのでさまざまなお客様がきます。ラウンジ席、アイランドカウンター、コワーキングスペース、DJブース、スピーカーがありますので、さまざまな目的で使える場所です。

このような作りにした理由は、ホテルに宿泊しているお客様だけではなく、このロビーラウンジが地域の方も気軽に使えるコミュニティの場所になればいいなと思ったからです。

地域コミュニティの交流の場としてだけではなく、県外や海外のお客様との出会いの場所になるスペースを目指しています。

「LOBBY BAR ANDO」の特徴

続いては、さまざまな魅力が溢れる「LOBBY BAR ANDO」の特徴を紹介していきます。

仕事がしやすい環境も整備されている

---飲食を楽しむテーブルや座席を、そのままコワーキングスペースとしても利用できるということですか?それともコワーキングスペースは独立しているのでしょうか?

飲食スペースも兼ねていますが、仕事をしやすいようなスペースやテーブルも用意しています。Wi-Fiはもちろんですが、各席には電源も付いているので仕事をするには困りません。しかし、一般的なコワーキングスペースのような個室席はありません。

---DJブースはいつでも使えるんですか?

飲食は提供できる時間が決まっています。その場所を使う制限はとくにはなくて、月額の会員様には何時から何時で利用してもらうという時間の区切りは設けてはいますが、基本的にはホテルが24時間営業なので、いつでも利用しようと思えば使えます。

---音楽はDJブースから流れているんですか?

そうです!ちなみに、週末の夜はDJさんが来て音楽を流してくれます。普段の日は、そこからBGMを流しています。

---利用者には外から来る人よりもホテルの宿泊者が多いのですか?

現在は、どちらも半々くらいの割合で利用してもらえています。職業は学生の方が多く、10代は少ないですが、20代後半から60代までさまざまな方が利用しています。

気軽に参加できるワークショップを定期的に開催

---本格料理を楽しめるコワーキングスペースということですが、利用者におすすめしたいフードやドリンクがあれば教えてください。

お酒やカフェメニューは一通り揃えていますのでドリンクはなんでもあります。

食べ物は洋食、中華、担々麺、ピザがあったり、おつまみ系のちょっとした食事も用意しています。また、お腹が空いている方にはガッツリ食べられるステーキもあります。ホテルなので中華や洋食の厨房が設備としてありますので、ホテルで出している料理を食べられます!

---ご飯を食べながパソコンを開いて作業してる人はいますか?

時々そういった方も見られます。

---スペースを活用したビジネス向けのイベントなどは開催されていますか?

ビジネス向けはありませんが、地域の方々が気軽に参加できるようなワークショップは月に2回から3回は開催しています。入場料が無料の音楽ライブも月1回の頻度で開催しており、時々アート作品を展示するイベントなども開催しています。

「LOBBY BAR ANDO」の設備と環境

「LOBBY BAR ANDO」

自分らしく自由に働ける「LOBBY BAR ANDO」には、利用者が快適に使える工夫やこだわりの環境が整っています。取材によりこだわりが見えてきました。

静かすぎない集中できる環境

---利用者が快適に使える工夫やこだわりはありますか?

Wi-Fiや電源を置いて使いやすいようにというのはあるのですが、他にはBGMのボリュームが少し大きめなので、静かすぎない環境で働きたい方にはおすすめできます。それでいて、人がざわざわしてる感じはありませんので、混雑しているカフェのように人の話し声が気になって仕事に集中できないというような雑音ではありません。

夜に一人でお酒を飲みながら仕事をしている人もいる

---利用者はどのような雰囲気で作業していますか?

一人で来られて黙々とパソコン広げて静かに仕事をしている方もいれば、複数人できて話をしながら作業する方などさまざまです。あと多いのは、面接や面談といった商談をする際に利用してもらえることが多い印象です。お昼の時間帯だけではなく、夜中でも一人で来られてお酒を飲みながら作業をしている方を時々見ることがあります

「LOBBY BAR ANDO」のおすすめ料金プラン

---コワーキングスペースの料金形態はどうなっていますか?

基本的にパブリックスペースなのでチャージ料はかかりません。ただ席に座りパソコンを開いて作業をしますというだけであれば無料です。自由にご利用いただいて構いません。ただ、バーが併設されていますので、飲み物を頼んでいただいたり、月額会員制でフリードリンクが付いているなどの料金形態はあります。

---「LOBBY BAR ANDO」の立地について教えていただけますか?

JR熊本駅のすぐ隣にありますので、駅から歩いて2分くらいで着きます。

---駐車場はありますか?

ホテル専用の駐車場はありませんが、飲食で2,000円以上を使っていただけたら周囲の駐車場料金の優待はあります。

「LOBBY BAR ANDO」が目指すのは人と人を繋ぐ架け橋

「LOBBY BAR ANDO」

---「LOBBY BAR ANDO」はどのようなメリットから利用者の方に選ばれていると思いますか?

まずは熊本駅からすぐ近くでアクセスの面で使いやすいというのと、宿泊された方がチェックアウトした後にもう少し作業をしたい時に使えるなどの高い利便性がメリットだと思います。

---今後はどのような方に使ってほしいと考えていますか?

もちろんさまざまな方に利用していただきたいというのは前提にありますが、将来的には、ここで出会った方たちが繋がり新しい、新しいビジネスとまではいかなくとも、新しいことをやろうというきっかけが生まれるような場所になれば嬉しいです。

お客様同士だけでなく、お客様とホテルがコラボして「今度こういうことやりませんか?」とかそういうこともできればいいなと思っています。会社で利用しますというよりも、個人で事業をされている方や、新しいことしようと考えている方が増えれば嬉しいです。

 ---最後になります。コワーキングスペースを選定中の方に向けて施設のPRをしていただけますか?

熊本駅の隣にありアクセスが抜群なので、一人で来られるのはもちろんですが、待ち合わせ場所として使うにも最適だと思います。県内の方だけではなく、県外から来れられる方もアクセス面では非常に満足してもらえるのではないかと感じています。

雰囲気がとてもいいコワーキングスペースなので、仕事をするだけではなく音楽を楽しんだり寛いだり、その日の気分に合わせて雰囲気も楽しんでいただけます。さまざまなホテルならではのサービスもありますので、ぜひ気軽に利用してもらえたら嬉しいです。

筆者が感じた「LOBBY BAR ANDO」の魅力

おしゃれな空間で心地よい音楽を聞きながら仕事ができる「LOBBY BAR ANDO」。熊本駅から歩いて2分という抜群の好立地にあるため、宿泊中の仕事はもちろん、熊本市内で用事がある際に軽く立ち寄り仕事をする際にも便利に活用できます。

また、ホテルなので24時間いつでも使えるというのも大きな魅力です。豊富なドリンクと料理も提供されていますので、打ち合わせや商談などにも使いやすいです。

利用料は無料ですが、本格的にコワーキングスペースとして使いたい場合は料金プランがオプションで用意されていますので、興味がある方は気軽にお問い合わせしてみてください。

従来のコワーキングスペースのイメージを覆す「LOBBY BAR ANDO」では、今まではとは違う環境で仕事に集中できる事業スペースを確保できるはずです。熊本駅の隣にありますので、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

まとめ

熊本市のコワーキングスペース「LOBBY BAR ANDO」の特徴、魅力、設備、料金プランをまとめて紹介していきました。

取材を通して「LOBBY BAR ANDO」の魅力がおわかりいただけたかと思いますので、熊本市内でコワーキングスペースを探している方は、ぜひこの記事を参考に訪れてみてください。

同じキーワードの関連記事

熊本という新たな環境で共に動き挑戦していく企業様を求めています。 熊本という新たな環境で共に動き挑戦していく企業様を求めています。

まずは気軽にお問い合わせ、
又は、オンライン相談申し込みをしてください。