特集記事

2021.11.20

テレワークにおすすめの場所5選とそれぞれのメリットデメリットを解説

テレワークにおすすめの場所を探していますか?

新型コロナウイルスの感染拡大や働き方改革により、オフィスとは別の場所で自分が好きな時間に自由に働くテレワークが普及しています。

しかし、テレワークを行う従業員のために企業が新たにオフィスを用意したりする取り組みは遅れているのが現状。従業員は、テレワークで働きやすい環境を自分自身で作らなければいけません。

現在は仕方なく自宅でテレワークをしている方も多いかと思いますが、仕事に集中できる環境ではないと悩んでいる方も少なくありません。本記事で紹介するテレワークにおすすめの場所は以下の5つです。

  • 自宅
  • カフェ
  • コワーキングスペース
  • ホテル
  • サテライトオフィス

テレワークでおすすめしたい上記5つの場所のメリットとデメリットを詳しく紹介していきますので、テレワークで集中できる環境を探している方はぜひ参考にしてみてください。

テレワークにおすすめの場所:「自宅」

テレワーク 自宅

自宅で行うテレワークのことは「在宅勤務」とも呼ばれます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でいきなりテレワークになった方の多くは、この在宅勤務と呼ばれる手法で仕事をしているのではないでしょうか。

在宅勤務とは読んで字のごとく、自分が住んでいる自宅でテレワークをすることです。自宅が仕事場になるため、メリットもあればさまざまなデメリットも挙げられます。

メリット

テレワークの場所を自宅にすることで得られるメリットは以下の通りです。

  • 通勤時間がなくなる
  • 余計な気苦労がなくなる
  • 仕事以外の時間が増える

最大のメリットは通勤時間がなくなるため仕事以外の時間が増える点

とくに東京都心に働いている方のなかには、通勤だけで片道30分から1時間、もしくはそれ以上の時間をかけている方も珍しくありません。在宅勤務であればその時間をカットできるため、プライベートにかける時間を増やすことが可能です。

さらに、オフィスで働いていると余計な気苦労を感じる場面も多くあります。たとえば、上司が残業しているから帰りにくい、上司から誘われたら飲みにいかなくてはいけない等。それらの気苦労も在宅勤務であれば感じることはありません。

デメリット

テレワークの場所を自宅にすることで生じるデメリットは以下の点です。

  • コミュニケーションが取りにくい
  • 集中できない
  • 仕事の環境を自分で作らなくてはいけない

在宅勤務による最大のデメリットはコミュニケーションの不足です。

これはテレワーク全体にもいえることではありますが、とくに自宅で作業をしていると同僚や上司とはやり取りが難しくなります。他にも、仕事の環境を自分で作らなければいけませんし、家の中で仕事をしているため、さまざまな誘惑に勝たなければいけません。

集中して仕事に取り組む環境を自分で作らなければいけないというのは大きなデメリットになるといえます

テレワークにおすすめの場所:「カフェ」

テレワーク カフェ

月々の支払い料金などがないカフェでも、最近はテレワークをしている方を多く見かけます。珈琲を飲みながら優雅に仕事をしているように見えますが、実はメリットだけではなくデメリットがあることも覚えておきましょう。

メリット

カフェでテレワークをするメリットは以下の通りです。

  • 気分を変えて仕事ができる
  • お腹が空いた時にすぐに満たすことができる
  • 短い時間で集中して仕事ができる

最近はWi-Fi環境が完備されているのが一般的なので、カフェでも問題なく仕事ができます。カフェでは落ち着いたBGMが流れており、周りの雑踏も仕事を集中してやるには良い環境であるといえます。

また、カフェで仕事をする際は「よし!これから仕事をするぞ!」というスイッチが入るため、普段自宅で仕事をしている方は短時間で集中できます。仕事をする環境は少し変えるだけで普段とは違う刺激になり、それが業務効率を上げる要因にもなります。

デメリット

カフェでテレワークをするデメリットは以下の通りです。

  • あまり長時間居座ることはできない
  • 1回あたりの単価が高い
  • 周りが煩くて集中できない場合もある

あくまでもカフェは飲食を目的にしているスペースであるため、何十時間も居座ることはできません。一般的なマナーとしては珈琲や軽食を頼んで2~4時間です。それ以上居座るとお店の迷惑になってしまう場合もあります。

また、カフェの場所によっては周りがうるさくて仕事に集中できない場合もあります。

テレワークにおすすめの場所:「コワーキングスペース」

コワーキングスペース

作業スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを企業や個人で共有できるコワーキングスペースは、テレワークに最適な場所として近年とくに高い注目を集めています。

多くは主要駅の近くに構えているのが一般的なので、都心に住んでいる方が地方へ移住してコワーキングスペースで仕事をするという光景も珍しいものではなくなりました。

メリット

テレワークをコワーキングスペースで行うメリットは以下の通りです。

  • 仕事に必要な環境がすべて揃っている
  • 仕事に集中して長時間利用できる
  • 他企業の方との交流のチャンスがある

最大のメリットは低コストで仕事場を確保できる点です。

コワーキングスペースにはデスクや椅子はもちろん、Wi-Fi環境、プリンター、会議スペースなどのテレワークに必要な設備はすべて揃っています。また、月額会員になれば自分でオフィスを借りるよりも遥かに料金は安いため、低コストなのも嬉しい点です。

さらに、施設にもよりますがコワーキングスペースは他業種同士で世代を超えてさまざまな人が集まる環境なので、新たなビジネスチャンスが広がる可能性があります。イベントを開催しているところもありますので、積極的に自分の名前を売ることもできます。

デメリット

テレワークをコワーキングスペースで行うデメリットは以下の通りです。

  • 座席が確保できない時がある
  • 周囲の声が聞こえる
  • 情報漏洩のリスクがある

基本的にコワーキングスペースはオープンスペースなので、繁盛している場所だと自分が働く場所を確保できない場合があります。どうしても確保したいのであれば月額で専用スペースを確保することはできますが、その場合は別途料金が必要です。

また、常に静まっている環境ではありませんので、周囲の声がどうしても気になってしまうケースもあります。どうしても集中したい方はイヤフォンをするなどして対策しましょう。

さらに、コワーキングスペースは不特定多数の方が出入りする環境なので、オフィスや自宅のように特定の人しか出入りしない環境に比べれば情報漏洩のリスクは高いといえます。秘匿性の高い情報を扱う場合はこの点に関しては注意が必要です。

テレワークにおすすめの場所:「ホテル」

テレワーク ホテル

テレワークの需要拡大に伴い、最近では専用のプランを提供するホテルも増えています。明確な定義があるわけではありませんが、長期滞在をワーケーション、短期滞在をホテルワークと使い分けるケースもあります。

メリット

テレワークをホテルで行うメリットは以下の通りです。

  • 普段とは違う環境で仕事に集中できる
  • 仕事をする環境が整っている
  • 好きな地域で働くことができる

テレワークに付き物なのがマンネリ化です。自宅やカフェで仕事をしているといつも同じ場所なので仕事に新しい刺激がありません。その点、ホテルで仕事をすれば場所は問われませんので自分が好きな町、地域で仕事ができます

仕事をするWi-Fi環境なども整備されていますので、静かで落ち着いた場所で仕事に集中することができるでしょう。また、テレワーク利用客向けの安いプランを提供しているホテルもありますので、思っているよりも安価に利用できます。

デメリット

テレワークをホテルで行うデメリットは以下の通りです。

  • 都度の予約が必要
  • 費用が嵩む

会員制のコワーキングスペースであれば月会員が主流ですが、ホテルの場合は都度の予約が必要になります。また、費用もコワーキングスペースなどに比べれば高額なので、費用が嵩んでしまうのもデメリットであるといえるでしょう。

テレワークにおすすめの場所:「サテライトオフィス」

サテライトオフィス

サテライトオフィスとは、企業がオフィスとは別の場所に設けたオフィスのこと。多くは都心に本社を構えている企業が、自然が豊かな地方に構えるケースが一般的です。

仕事をプライベートを両立できる新しいテレワークの形として、多くの企業が取り入れ高い注目を集めているのがサテライトオフィスです。

メリット

テレワークをサテライトオフィスで行うメリットは以下の通りです。

  • 有意義な時間を作ることができる
  • 生産性を向上できる
  • 今までは違う環境で刺激がある

東京に本社を構えている企業が自然が豊かな地方に構えることが多いサテライトオフィスは、従業員の心のケアに最適。今までは満員電車に揺られながらオフィスに通っていた方が、地方では車で時間を気にせずに出社するのが一般的です

また、緑が豊かな環境で仕事をすると生産性も向上します。静かで豊かな環境では、今までは違うアイディアが生まれ、新しい環境での仕事は人生に与える影響も大きな物があるでしょう。

デメリット

テレワークをサテライトオフィスで行うデメリットは以下の通りです。

  • 本社との意思疎通が難しくなる場面がある
  • 都心の利便性はなくなる

サテライトオフィスの多くは地方に構えるため、都心の利便性はなくなります。たとえば、都心であればすぐに買いたいものを直接見て購入できましたが、地方ではそうはいきません。

また、物理的に離れた場所で仕事をするため、コミュニケーションが取りにくくなるという問題も見過ごせません。しかし、これらの問題を考慮したうえでも、サテライトオフィスは従業員のライフワークバランスを実現するためには有益な取り組みです。

まとめ

テレワークにおすすめの場所を厳選して5つ紹介してきましたが参考になりましたか?

企業は従業員がどこで働くか、どのような環境を提供するかも重要です。テレワークは新しい働き方を実現する画期的なものですが、環境を整えられないから仕方なく自宅で働いているという方も決して少なくないのが現状です。

従業員に気持ちよく仕事をしてほしいと考えている企業の方は、ぜひサテライトオフィスの導入を検討してみてください。

同じキーワードの関連記事

熊本という新たな環境で共に動き挑戦していく企業様を求めています。 熊本という新たな環境で共に動き挑戦していく企業様を求めています。

まずは気軽にお問い合わせ、
又は、オンライン相談申し込みをしてください。