特集記事

2021.11.21

テレワーク環境整備にレンタルデスクをおすすめする理由と6つのメリット

新型コロナウイルスの爆発的な感染によって、企業導入が急速に進んだ”テレワーク”。テレワークは情報通信技術等を駆使して”職場以外の場所でも働く”というワークスタイルを実現したものですが、職場以外の働く場所によっては、在宅勤務やリモートワーク、サテライトオフィス勤務、ワーケーションなどさまざまなワークスタイルが存在します。

しかしながらテレワークの実情としては、新型コロナウイルスの感染を抑制するために急ごしらえで導入された背景もあり、体制導入が比較的容易である在宅勤務体制を敷いた企業が多かったことかと思います。

体制導入が容易な傾向にあるのは事実である一方で、急遽、企業導入が決定した企業に勤めている従業員の方にとっては、ご自宅をテレワークとしても活用できる場として環境を整える必要があり、仕事用として使うデスクや椅子をどのように用意しようか悩まれた方も多いことかと思います。

テレワーク体制を本格的に企業導入しようという方針が企業から立てられていればオフィス用家具の購入を検討しても良いかも知れませんが、一時的なテレワーク対応だとすると、わざわざ家具を購入したり、大がかりな家具の配置換えを行ったりしなければならないのは何かと手間が多いです。

今回の記事では、そんなテレワーク(在宅勤務)の環境を急ごしらえで整えなければいけなくなった際に、ぜひご活用していただきたいオフィス用家具のレンタルサービスに関してご説明していこうと思います。ぜひご覧ください。

テレワーク用のオフィス家具をレンタルするメリット

テレワーク レンタル デスク

ここでは、テレワーク(在宅勤務)環境を自宅に整備するにあたって、オフィス家具をレンタルサービスを活用して揃えるメリットをご説明していこうと思います。

主なメリットには以下のものが挙げられます。

  • 初期費用が抑えられる
  • 使用期間を自由に設定できる
  • オフィス家具を購入する手間が掛からない
  • コーディーネーターからインテリアの提案を受けられることもある
  • さまざまなオフィス家具を試すことができる
  • オフィス家具に対して保証体制が整えられている

それぞれに関して詳しく見ていきましょう。

初期費用が抑えられる

オフィス用家具に限らず、何かしらのモノを購入するとなると、費用が掛かることになりますし、オフィス用家具となると、ひとつひとつの家具も決して安価なものとはいえません。

冒頭でも触れたように、企業方針などの関係でテレワークが本格導入されることや、長期間に亘ってテレワーク体制が敷かれることが明らかであるならば、オフィス用家具を購入するのも適切な判断だといえますが、一時的な在宅勤務であるならば出費が膨らんでしまうことになり、これが大きな負担となってしまいます。

一方の家具のレンタルであれば、月額数千円ほどから利用もできるため、初期費用を大幅に抑えることができます。

使用期間を自由に設定できる

レンタルサービスでは、使用している(レンタルしている)家具の使用期間を、1ヵ月から24ヵ月といったように設定することが可能となっています。必要な期間のみ、必要となる家具を借りることができるだけでなく、期間が終了しても更に使用を続けたい場合には期間を延長することも可能となっています。

また、使用期間に応じたパッケージ料金を設けているレンタルサービスもあり、予め長期利用が分かっている場合には、短期間の利用を繰り返すよりも割安で済むこともあります。

短期間のテレワークや、一時的なオフィス環境の整備に際には、家具をレンタルすることで費用を抑えることが可能となります。

オフィス家具を購入する手間が掛からない

自宅の中に新たにオフィス用家具を揃えようと思うと、家具屋に出向く必要もあり、コロナウイルスのリスクを考慮すると、外出は必要最低限なものに限定したいものかと思います。また、そのような環境下においては、家具を購入するための時間を十分にとることも躊躇われます。

必要なオフィス用家具を手早く揃えようと思うのであれば、レンタルサービスから必要な家具のレンタルを申し込むだけで済みます。申し込み後も、自宅に家具が届くのを待っておくだけでいいのでコロナウイルスのリスクも低減できます。また、家具が不要となった場合にもレンタルサービス業者が家具の回収に出向いてくれるので、処分等の手間も掛かりません。

コーディーネーターからインテリアの提案を受けられることもある

家具のレンタルサービスを行っている業者・サイトの中には、家具を配置しようとしている自宅の広さや、ご家族の動線等を考慮した、インテリアのコーディネイトを提案してくれるものもあります。

レンタルに踏み切ったものはいいものの、実際に部屋の中に置いてみると、部屋の雰囲気を崩してしまった、全体的に収まりが悪くなってしまった、ということが起こり得ることもあります。

在宅勤務は仕事とプライベートの空間が近接する(時には両立する)特質があり、ご自身が働きたいというモチベーションが生まれない環境で仕事を続けるのは負担が大きく、業務のパフォーマンスが低下する原因にもなりかねません。

家具をどのように配置するのか、というひとつの行為にも、それなりの負担が生まれてしまいますので、コーディーネーターへ相談することで、快適な環境をすぐに整えられるのもレンタルの大きなメリットであるといえます。

さまざまなオフィス家具を試すことができる

家具のレンタルサービスでは、人気を集める有名ブランドの家具や家電、デザイン性に富んだおしゃれな家具まで幅広く取り揃えられています。購入するとなると、費用の面で二の足を踏んでしまいたくなる家具であっても、レンタルであれば”お試し”気分で家具を使用することができます。

レンタルサービスを行っている業者によっては、レンタルした家具をサービス利用者の好きなタイミングで交換することができたり、結果的に購入してでも長く使いたいと思った場合にレンタルから購入へと切り替えるオプションを用意していたりする業者もあります。

家具を購入するまでのハードルを下げるだけでなく、実際に利用できるという点でもレンタルの魅力は非常に大きいといえます。

オフィス家具に対して保証体制が整えられている

家具は日常生活の中で使うものであるため、どれだけ丁寧に使うように気をつけていたとしても汚れや傷がついてしまうことがあります。しかしながら、レンタルサービスの場合には、故意に傷つけたわけではない、生活の中で発生した汚れや傷に関しては、保証制度がオプションとして設定されています。そのため、交換時や返却時に追加の費用が発生することもありません。

また、万が一にも火災や地震などの災害で破損したり故障したりした場合であっても、サービスによっては利用者の負担なく対応してくれるところもあります。

レンタルする家具のチェックポイント

テレワーク レンタル デスク

テレワーク環境を自宅内に整えるためにレンタルサービスを利用しようとした場合に、必ず必要となるオフィス用家具は”デスク”と”椅子”になるかと思います。

仕事を行うことを前提にした場合に、おすすめとなるデスクと椅子は以下のチェックポイントを参照してもらえればと思います。

◆デスクのチェックポイント

  • 仕事で必要となる書類、道具などを配置できる広さがある
  • 業務中に脚が窮屈に感じないだけのスペースがある
  • 天板が体型に合った高さとなっている、または天板の高さの調整を行える

◆椅子のチェックポイント

  • 安定しているとともに移動を容易に行える
  • 座面の高さを調整できる
  • 背もたれがついているとともに背もたれの傾きを調整できる
  • ひじ掛けがついている

在宅勤務を行うために必ず確認すべきオフィス用家具のチェックポイントは上記のとおりであり、仕事を行うための空間として気を付けるべきことは以下のものが挙げられています。

◆テレワークに使用する部屋

  • 作業等を行うにあたって十分な空間が確保されているか
  • 転倒することがないように家具の配置・書類等の整理整頓が為されているか

◆窓・扉

  • ディスプレイに太陽光が入射する場合には、窓にブラインドやカーテンを設ける
  • 空気の流れが生まれるように窓・扉等を適度なタイミングで開放すること

◆照明

  • 作業に支障をきたさない十分な明るさに調整できること

◆室温・湿度

  • エアコンの冷房・暖房・送風機能、除湿器・加湿器などを活用して、業務に適した室温・湿度となるように調整すること

◆PC周辺機器

  • 輝度やコントラストが調整できる
  • キーボードとディスプレイが分離しており、位置の調整を行える
  • 操作しやすいマウスを利用する

適切な家具を配置することに加えて、仕事を行う空間そのものの環境も改善することによっても、在宅勤務をするための環境は格段に良くなるといえます。

実際にテレワークのための環境を整える際には、ぜひこちらのチェックポイントを意識してもらえればと思います。

まとめ

テレワーク レンタル デスク

家具のレンタルサービスを利用するメリットと、どのような家具がオフィス用として適切であるのか、在宅勤務をする場合どのような環境が快適な環境といえるのかのチェックポイントに関してご説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

日本ではテレワークの導入が加速度的に進んだ背景もあり、これに対応するために急遽テレワーク環境を整えなければいけなくなった方や、企業が今後本格的にテレワーク体制を導入しようとしているのか分からずにいる方もいらっしゃるかと思います。

今回ご紹介した家具のレンタルサービスを利用すれば、上記2つの問題を解決できることはもちろん、本格的にテレワークを続けていくことになった場合には、家具を”レンタル”から”購入”に変更できるオプションを用意しているサービスもあり、さまざまなケースに対応可能となっています。

仕事とプライベートの空間・時間が何かと近接しやすい働き方であるため、今回の記事を参考に、仕事もプライベートも充実したものとなる環境を整えていただければと思います。

同じキーワードの関連記事

熊本という新たな環境で共に動き挑戦していく企業様を求めています。 熊本という新たな環境で共に動き挑戦していく企業様を求めています。

まずは気軽にお問い合わせ、
又は、オンライン相談申し込みをしてください。